スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

6試合まとめて。

ぼんやりしているうちに、4月になってしまいました^^;
試合の感想も第1節しか書いてないんだなあ。変化が早いので、このままだとどんどん忘れてしまう!

……ということで、メモ程度に書き留めておくことにします。

IMG_5355.jpg
↑川崎戦の日の青赤横丁。梅がきれいでした


第2節 VS甲府(ホーム) 1-1(引分け)

第1節は「勝ったような気になった引分け」でしたが、第2節は「敗北気分のドロー」でありました。特に、大雪でろくに練習もできなかった「城福東京」に対しては「いい人」を発動してほしくなかったですね。

この試合で気になったのは、後半のスタミナ切れ。後半開始直後に元気でチャンスを作ったのも、終盤に動けなくなったのも前節と同じでした。非公開練習をしっかりしているわりには、ロングスローにも対応できてなかったしなあ。CKのチャンスが何度もあったのに、さっぱり入りそうになかったことにもガッカリしました。

何より、ホーム開幕戦で勝てなかったことが痛い! お客さんは22398人、昨年のホーム開幕戦よりも約3000人減少しています。うーん、何が原因なんだろう。やっぱり、弱いからかな???^^;



第3節 VS神戸(アウェイ) 2-1(敗戦)

伊豆の民宿で、iPhoneの小さな画面でオンデマンド観戦してました。オンデマンドはリアルタイムよりも映像が少し遅れてくるので、まだ試合を見ている最中なのに「負けましたメール」が送られてくるのはキツいですね^^;

もう忘却の彼方ですが、両失点とも自滅だったんじゃなかったっけ? あと、チャンスはあるのにゴールが決められない病も相変わらずでした。



ナビスコ第1節 VS鹿島(ホーム) 3-1(勝利)

スタメンを一新するとの報に、勝敗はともかくとしていい試合を見せてほしい!との期待を込めて観戦。しかし、遅れて席についたときには、すでに2点が入っていたのです!^^;

実は、コンコースを歩いているときにゴール時のファンファーレ(?)は聞こえてきたのですが、「鹿島が得点しても鳴るんだっけ?」などとトンチンカンなことを考えていて、まさかウチの得点だとは思っていなかったりして……ファンの風上にもおけません^^;

この試合、早い時間帯に得点できたことがすべてだったのではないでしょうか。選手たちがイキイキしていたのも本当によかったです。昨年までだったら、ナビスコにさえ出場できなかったような選手たちが躍動するなんて! もちろん「ベストメンバー規定」なるものがなくなったこともあるのでしょうが、こんな東京が見られて本当にうれしかった! ヤング東京をまとめあげるのが、鬼軍曹^^;塩田と羽生先輩というのもポイントでした。

しかも、後で知ったところによると、鹿島はほぼベストメンバーだったというではないですか。いや~、今年こそは鹿島にリーグ戦で勝ちたいものですね。

この試合を見て思ったことは、ポポさんの戦術が浸透していない選手のほうが(今は)適応できているということ。今後、ミステルの戦術に慣れてきたらどうなるかはわかりませんが、少なくとも今はそんな感じ。だから、昨年までのスタメンはもっともっと頑張らないといけないかもしれません。

(河野選手、三田選手のチャントを初めて聞いた! 三田選手のはササ! あと、エア乾杯が吉本選手に引き継がれた)



第4節 VS川崎(ホーム) 0-4(大敗)


早くも登場、今シーズンワーストゲーム!? しかも自滅。新生東京を支える屋台骨・ヨネのミスで失点した後は、平常心に戻れないまま、どんどん悪くなっていく一方。最後のほうはパニックになっていて、選手たちも自分たちが何をしているのかわかっていないように見えました。

たまたまこの日は、プレミアでもアーセナルがチェルシーに6-0で負けたりして(チェルシーホームですけどね)、時にはこんなこともあるよね~という感じではありました。それでもホームで大敗して負けるのは、やっぱり楽しくないものです。もちろん「0-7」という記憶もあるので、「まだまだ~あと3点は大丈夫~」なんて変な余裕で見てしまっていましたが^^;

そして、仮面ライダー鎧武も呼んでいろいろ頑張った「多摩川クラシコ」なのに、やっぱり昨年より約3000人少ない観客数。ナビスコのほうはあまり変わらず「1万人」を維持しているところを見ると、浮動票というか無党派層というか、軽い気持ちで見に来てくれるお客さんが減っているのかもしれないですね。

試合直後はもちろんいい気分ではありませんでしたが、いつぞやの「0-7」のほうがもっと絶望的だったかなあ。今回はまだ「産みの苦しみ」みたいな感じがしますから。監督のコメントもすごくストレートで好感がもてたし、ここは支えていかないと!という気になりましたよ。もっともそう思えたのも、ミッドウィークの鹿島戦があったおかげなのかもしれませんが。



第5節 VS清水戦(アウェイ)1-3(勝利)


前節の大敗を受けて、ナビスコの好調メンバーをミックスしたような布陣。これが現東京のベストメンバーかな?

この日は府中の桜めぐりをしていて、最後の大國魂神社に着いたころにはもう17時。拝殿の前で「東京が勝てますように」と願いを込めた直後に、勝ちメールが来たというのも思い出深いことでございました^^;

帰宅して、ワクワクしながら見始めた録画でしたが、前半は特に「え~、これで本当に勝てたの?」というような内容。しかもさっそく1点プレゼントしちゃうし^^; でも、PKストップをはじめ、みんなよく頑張ってくれました! この試合に勝てたことで次につながる自信もできるし、そういう意味では本当に重要な結果でした。

東京はこれでリーグ戦初勝利。長かった~! でも、ホームで勝たないとお客さんは増えません。どんな内容でも構いません。とにかく、ホームでまず1勝を!

ヨネチャントも初登場。「俺たちの米本~!」でした。すばらしい!



ナビスコ第2節 VS仙台戦(アウェイ)1-1(引分け)


ナビスコ前節よりもさらにフレッシュなメンバー! ということで、鹿島戦のときのような躍動を期待しましたが、そうことはうまく運ばないものなのでした。初スタメンは、幸野志有人選手と、椋原健太選手。

対する仙台も、新監督のもとで苦労している真っ最中。ひと足先にリーグ戦で勝利した東京としては差を見せつけたかったものですが、仙台の時間帯のほうが長かった……。

後半、東京はメンバーを入れ替えてから躍動します(失点もしましたが)。入った選手は、米本、河野、エドゥー。素人目にも、ミステル東京に適応できている選手とそうでない選手がだんだんわかってきたような感じがします。今の東京は、試合ごとに積極的に選手を入れ替えていますが、だんだん「ファーストチョイス」の選手が決まってきそう。いずれ、ポポ東京とはまったく違う布陣になるのかも……。

今まで失点は多いですが、自滅な部分が大きいのでこれは改善されていくだろうと期待しております。あとは、もう少しセットプレー(特にCK)で可能性が感じられるとうれしいのですが。後半に運動量が落ちることについては、夏場を考えると懸念材料ですね。


そんなこんなで、日曜日は鳥栖戦です。いろいろイベントも企画されているので、たくさんお客さんが入ってほしいなあ。日曜夕方の試合でアウェイサポに動員を頼るわけにはいかないので、東京の集客力が試されます。スタジアム通りの見事な桜が、お客さんを呼び込んでくれるといいのですが。

……と、ここまで書いたら、明日の天気がいきなり不穏に。どうなる青赤横丁? どうなるドロンパイベント? どうなる桜? そして東京!?
スポンサーサイト
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

弱さの再確認(VS鹿島戦)

J1リーグ第28節 東京VS鹿島は、1-4で鹿島。今シーズン、同じチームに連敗を喫したのは、横浜・F・マリノスにつづいて2度目。

IMG_4176.jpg
↑これが現実です


ああ、勝ちたかったなあ。

1964年の東京オリンピックのために建設された国立霞ヶ丘競技場での最後のJリーグ開催。ナオのためのゆりかご。テディベア・デー。コクリツが得意な平山。そして、苦手を克服するため、上位進出のための試練。もし勝つことができたら、とても価値のある勝利になるはずだったのに。

前半を0-2で終えた時点でも、わたしはかなり楽観的でした。早々に1失点したときは「早く得点すると逆転されちゃうから、このくらいでいいわ~」と思い、2失点目では「これで鹿島でのアウェイ戦の再現だ~」と、逆に期待しちゃっていたほど。

そんなお気楽な気分が粉々になったのが3失点目。そして、「鹿島戦といえば大迫にやられるに決まってるのに、そういえばまだ食らってないな~」と思った途端に4失点目。しっかり大迫選手にも決めさせてしまいました。どんだけサービスいいんだよ^^; あのヒロシの甲府だって鹿島に勝ったのに~!

前回コクリツで負けた鳥栖戦に比べると、内容は悪くなかったと思います。それだけに、「鹿島のほうが強かったってことね」という事実がのしかかってくるよう。ああ悔しい。ウチらはまだまだ「あまちゃん」なんだわ~!

鹿島に勝ちたいと思っていた理由のひとつが、「FC東京魂!」や雑誌で鹿島番記者さんが「東京はやりやすい相手」と語っていたこと。それは思いきり「上から目線」のコメントで、「ああ東京ってカモなのね……」とガッカリしながらも、今年こそはリーグ戦で勝ってやる!とひそかに闘志を燃やしていたのでした。

ああそれなのにそれなのに。自分たちの弱いところ、悪いところが明らかになったのは不幸中の幸い、まだまだ伸びしろがあるということかもしれないけど、やっぱり悔しいな~。東京が強くなるためには、鹿島とも常に互角に戦えるようにならないといけませんね……。


IMG_4146.jpg
↑こんな状態でも味スタよりも水はけがいい


振り返ってみれば、今のコクリツではたくさんいい思い出をつくることができました。2度のナビスコ杯優勝、そして天皇杯。天皇杯はもちろんですが、ナビスコ杯決勝のときの真っ青な空は忘れられません。屋根付きの陸上競技場(←^^;)になってしまったら、観客席と青空が直結するあの風景は二度と再現できないのだなあ。

いろいろ思い入れのある会場ではありますが、雨に濡れた観客席から退避してきたお客さんでいっぱいの薄暗いコンコースを見ているうちに、やはり建て替えもやむを得ないのだろうと思うようになりました。新しくなっても「陸上競技場」というのが痛恨の極みですが(最新技術で、可動する観客席とかできないのかなあ)。

その最後のJリーグ戦で有終の美を飾れなかったことは、とてもとても残念でなりません。「俺達のコクリツ」だったのになあ。こうなったら、天皇杯決勝に行くしか(もしかしたら、準決勝も開催されるかもしれませんが)!


IMG_4153.jpg
↑このあと白バイに追っかけられる一幕も

IMG_4158.jpg
↑相変わらずシュールなご一家


コクリツで最後のおもてなしとなった東京ドロンパ君も、テディベアを抱えて元気に働いてくれました。ピーポ君ファミリーも相変わらずのインパクトだったし、ハーフタイムまでは楽しかったですね^^;

次は、インターナショナル・マッチデーをはさんで2週間後。残り試合はわずかですが、ホームゲームが多いのが東京の強み……なのかどうなのか^^; ホームなら最強!といえるくらいのアドバンテージがあるわけではないのがわがチームの現実。でも、砲丸投げの穴が残るピッチだろうと何だろうと、味スタで頑張るしかありません。今後のホームゲームは全勝の気持ちで頑張っていきましょう!



(追記)
……で、もちろんテディベア・デーのクマははずれました! これで12年目! こうなったら一度も当たらないという記録を伸ばしていく所存であります!

ルーカスが現役で、しかも1ステージ制のうちに優勝したいと思ったら、今年か来年しかないんだよな~。ホント、優勝したいです。FC東京も、いつまでも中途半端じゃいられないはず。ここがふんばりどころです!
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

天国から地獄(VS鹿島戦)

J1リーグ第13節 鹿島VS東京は、3-2で東京の逆転負け。


「なぜだ! 前半は我が軍が圧倒して2点をリードしていたのに、なぜ逆転負けを喫してしまうのだ!?」
「……坊やだからさ」

……と、赤い人に言われちゃいそうな試合。いや、赤いチームに負けたのですが。

選手だけではなく、ポポさんだって鹿島の監督に比べればまだまだ「坊や」かもしれません。あんな懲罰交代やってるようでは。


ただ、前半の東京は本当にすばらしかったです。今年は鹿島に勝てる!と思わせてくれました。ラインを高く上げてパスを回し、ダヴィをイライラさせて何もさせなかった。後半は鹿島に疲れも出るでしょうから、さらに圧倒することができるだろう……そんなふうにも思わせてしまうほどに。

でも、後半の入り方が悪く、それをずっと修正できないまま。鹿島の3得点は、またもや東京がプレゼントしたようなものです。それでもしっかり勝つのが鹿島で、あたふたして負けてしまうのが東京。成熟度の差が、試合を決定づけました。

昨年、故障者が多いことを問題視した東京は、今年は「コンディショニングダイレクター」という役職を設け、新たな人材を雇い入れました。さらに必要なのは「メンタルコンディショニングダイレクター」かな。こうまで自滅パターンが多いと、ちょっと考えたほうがいいかと思います。「自立」を求める方向性は間違ってはいませんが、いかんせん結果に結びつかなくて……。

後半も前半のような戦いができれば、東京は優勝を狙えるチームになるでしょう。でも、サッカーは45分ではなく90分のゲームです。中断前に、やっぱり課題がたくさん見つかってしまいました……でも、修正点が明らかになっただけでもよかったのかな(って、これは前々からわかっていたことなのに)。

ただ、前半戦のこのメンバーで戦う試合は、これが最後でした。約ひと月後、スタメンとして出場するのはたぶん違うメンバーになるでしょう。誰が残るのか、誰が来るのか……どうであろうと、われわれは応援するだけなのですが……。

ああ、前半だけなら何度でも繰り返して見たいほどなんだけどな~。鹿島まで遠征された皆さま、お疲れさまでした。あ~、あとひと月、週末は何して過ごそうかな~(自転車に乗れ!^^;)。
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。