FC2ブログ

2点の壁

J1リーグ第5節 東京VS鹿島は1-2で鹿島。

R0011011.jpg
↑スタジアム通りの桜はほとんど散ってしまった


ポジティブに書けばいいのか、ネガティブにグチればいいのか、非常に迷ってしまう試合内容だった。しばし考えたのだけど、やっぱり最初はポジティブにいこう。これでも一応、東京ファンの端くれだからね。

まずは、今季いちばん「見ていて楽しい」サッカーだったということ。少なくとも、前節の山形戦やナビスコの神戸戦のような「時間がたつのが遅くて、意識を失いそうなほど眠い」試合ではなかった。負けてはしまったけれど、惜しい場面もたくさんあったし、これなら一見さんでも「東京ってなかなかやるじゃない!」と思ってくれるんじゃないかな。

失点を2点で食い止めたのもよかった。前半15分までに2失点した時点では、大量失点も覚悟していた。開幕戦ではそうやってガラガラと崩れてしまったのだが、危ういながらも踏ん張って前半のうちに1点を返すことができた。これはたいした進歩だと思う。

惜しいシュートがいくつもあったことも、見ていて楽しかった理由のひとつ。「もしかしたら決まるかも」「追いつけるかも」というドキドキ感は、観客の気持ちを高揚させてくれる。特に後半は東京のペースの時間帯が長かったので、「互角な戦いでおもしろかった」という錯覚に陥りそうにもなった。

続きを読む
スポンサーサイト



にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)