FC2ブログ

「セカンドウィンドII」

前作から1年以上たって、ようやく「セカンドウィンドII」が出た。


セカンドウィンド〈2〉 (ピュアフル文庫)セカンドウィンド〈2〉 (ピュアフル文庫)
川西 蘭

セカンドウィンド〈1〉 (ピュアフル文庫) 丘の上の小さな街で―白鳥和也自転車小説集 (えい文庫 167) 自転車少年記―あの風の中へ (新潮文庫) 銀輪の覇者 上 (ハヤカワ文庫 JA サ 8-1) 弱虫ペダル 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)

by G-Tools



自転車好きの田舎の中学生・溝口洋が、自転車レースのエリート軍団「南雲デンキ自転車部」と出会い、才能を認められ、やがてロードレースに目覚めていく……というところで1巻目は終わっていた。

しかも、重要レースがスタートしたところで「以下続刊」だったのだ。読者は宙ぶらりんのまま時を過ごし、私などは記憶力がザルなので、ストーリーから何からすべて忘れてしまい、2巻目を読む前に自分のブログを見直したり(笑)、1巻目を探し出すのに悪戦苦闘したりしていた。連続ものの小説であれば、できれば1年以内に続刊を出してほしいものである。

そんなことはどうでもいいとして、第2巻である。

驚いたことに、第2巻が出るまでにかかったのとほぼ同じ時間が、小説の中でも流れていた。中学3年だった洋は、高校2年。しかも、エリート自転車部をもつ「南雲学院」の生徒である。才能が認められて特待生として入学できたのか、自力で試験を勝ち抜いたのかはわからないが、ともかくたいしたものだ。

年齢が少し大人になったせいか、主人公にも変化があった。今までは、自転車にさえ乗っていれば幸せという「自転車バカ」だったのだが、だんだんそう思えなくなってきてしまうのである。いってみれば「スランプ」だ。第2巻は、洋がスランプに陥り、そこから抜け出し、新たな光明を見いだすまでの物語である。

続きを読む
スポンサーサイト



にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)