FC2ブログ

東京ドロンパat熊谷

天皇杯準々決勝には、ホーム扱いのためか、東京ドロンパも来てくれました!

R0019724.jpg
↑青サンタ帽が似合う!


09年にも見せてくれたサンタコスチュームに、青いサンタ帽とケープをあしらってかわいさ倍増! 今年はドロンパの活躍の場が増えて、とてもうれしかったですよ~。

とはいえ、今回はちょっと寂しい気持ちも味わいました。

下積み中の新人アイドルを応援していたのに、急に売れっ子になって遠くにいってしまった……。たとえるならば、そんなところでしょうか(笑)。同時に「まだ発展途上の狸のくせに、何エラそうにしてるんだ!」みたいな気分もあるかな。

別にドロンパがエラそうにしていたわけではなく、いつものように頑張ってお仕事をしただけ。ドロンパを扱う側の仕切りというか、段取りというか、そのあたりがあまりフレンドリーでなかったように思います。まさに、アイドルからファンを追い払うコワモテマネージャーという感じで……(笑)。


R0019689.jpg
↑整理券はすぐに終了!?


今回は、ドロンパがサンタ姿ということもあり、いっしょに写真を撮るためには整理券が必要でした(「整理券が必要だなんて、オメーはAKBか!」と思った人は少なくなかったはず(笑))。整理券の配布は11時から。整理券配布の場にはいませんでしたが、たぶんあっという間になくなったのではないかと思います。

11時というのは、キックオフの2時間前。熊谷という遠方のスタジアムということもあり、本来ドロンパがアピールすべきファミリー層はまだスタジアムには着いていない時間帯です。実際、いっしょに撮影している人たちの大半は大人たちで、幼い子供たちは少数派でした。


R0019716.jpg
↑専属スタイリストさんがいるアイドルのよう!


ここでは、12時15分からの2回目の撮影会の様子を見学した印象を。正直に書くと、温かみのない係員の対応が悲しく感じられた、ちょっと残念な撮影会でした。

撮影できる写真は「整理券1枚につき1回」。これはかなり厳しい制限だと思います。確かに、5人のグループが来て、5台のカメラでそれぞれ撮っていたら時間もかかってしまいますが、もうちょっと融通がきくようにしたほうがよかったのではないでしょうか。キツい口調で「1回だけですから!」と怒られている人を見て、もうちょっと言いようがあるのではないかとも感じましたね。

全体的に、仕切りがお役所的だったのは大きなマイナスポイント。ドロンパがいる場所は、もっと楽しい雰囲気にしてほしいものです。時間にちょっと遅れたらもうダメとか、早くしろみたいな空気があると、笑顔だって固まってしまいますよ(時間は押していなかったのでなおさらです)。ドロンパ本人がいろいろとりなそうと頑張っていただけに、とても残念でした。やっぱり「おもてなし」が重要ですよね!

撮影会はこうしてキビキビと進んでしまったので予定よりも大幅に早く終了し、「ドロンパを好きなだけ撮り放題の会(別名:フォトセッション)」は、3分どころか10分以上もありました。最近の味スタは混雑しすぎていて、ほとんどまともな写真が撮れなくなってしまったのですが、今回はおかげさまでドロちゃんの写真がたくさん撮れました。熊谷、大好き(笑)。

今回の撮影会の規定は、味スタを前提に考えられたのではないかと思います。最近のドロンパの人気を考えれば、味スタならばもっと人が押し寄せたはず。その場合は、ある程度の割り切りが必要で、機械的に撮影会を回していかなかればならないでしょう。でも、熊谷はお客さんも少なかったので……。たいして混んでもいないのになんで対応が冷たいんだ!と思ってしまったのかもしれません。

また、せっかく「撮影会」と銘打つのであれば、ドロンパのコスチュームはもちろんとして、何かしら「背景」があったほうがいいと思います。サッカーであれば、インタビュー風景の背後にスポンサーの看板があったりしますけど、ああいうものがあると写真として思い出になるんじゃないかな。昨日みたいな場所だと、背後にまったく知らない人が映り込んでしまうこともあるので、後でガッカリしちゃうかもしれません。

それもこれも、すべては試行錯誤&発展途上だからこそ。次回はもっと多くの人が満足して笑顔になれる撮影会にしてほしいと思います。


R0019707.jpg
↑いろいろポーズをとってくれました


あ~、でもドロンパ人気出過ぎ~(笑)。もう「高嶺の花」ならぬ「高嶺の狸」になってしまったのね。一時期、ひこにゃんが「ツーショット撮影禁止」とか「撮影は1メートル以上離れて」などの制限を設けていたようですが(今はどうなっているのかはわかりません)、ドロンパもそうなっちゃうのかな~。

ドロンパの人気が高まり、近くで直接見られる機会が減ってしまうのであれば、ますますスタジアムのピッチで見たい!という思いが強くなります。今は、ハーフタイムと勝利試合の後だけの登場ですが、来年はぜひ、試合の前・中・後に! 

今年、ドロンパかわいさにSOCIOになってしまったという人もいらっしゃいますし、青赤子狸を大事にすれば、クラブにとってもっといいことが訪れると思います! 来年はもっと出番を! そして、もっとグッズを! 頑張ってグッズ集めしますよ~(ただし、かわいく出来のよいものにしてくださいね(笑))。


R0019685.jpg
↑こちらは殺伐とせずによい感じ


で、次は長居ですが、ホーム扱い! ぜひドロンパにも関西出張をお願いしたいものです。

でも、セレッソのおかん……というか、マダム・ロビーナはかなり強敵そう(笑)。かわいさだけでは太刀打ちできないかも!? どうするドロンパ!?
スポンサーサイト



にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

浦和に勝って準決勝へ!

第91回天皇杯準々決勝 東京VS浦和レッズは、1-0で東京。FC東京はベスト4に進出、準決勝ではセレッソ大阪と対戦することになりました。

R0019751.jpg
↑熊谷は空が広いといつも思う


それにしても、1年で3回も熊谷へ行くことになるとはねー。何だかすっかりおなじみの場所になってしまいました。今回もホーム扱いですし、熊谷で負けたことはないし、熊つながりということもあるし(?)、もうほとんどホーム気分!?

準々決勝の対戦相手は、東京にとっては宿敵の浦和レッズ。04年にナビスコ杯決勝で勝利して、東京が初のタイトルを手にしたその日から、ずーっと勝てていない相手です。ナビ決勝は実質的には引分け&PK戦でしたので、最後に勝ったのは04年9月の味スタ。もう7年も勝っていないのか~。

圧倒的に分が悪いながらも、前のエントリーで書いたとおり、不思議と負ける気がしないままにスタジアムへ到着。クリスマス寒波が襲来する中、赤城おろしがさぞかし冷たいことだろうと覚悟をしていましたが、意外なことにほぼ無風のポカポカ陽気。試合前、ゴール裏からは「意外と暑い!」コールが出るほどでした。

R0019760.jpg
↑久々に勝った!


そして試合のほうはといえば……。今年、J1をほとんど見ていないワタクシが言うのも何でございますが、浦和さんはよく残留したな~というか、残留争いしたのもワカルな~というか、そんな印象をもってしまいました。その前に天皇杯で対戦したヴィッセル神戸のほうがずっと強いチームでしたし、それどころか、今年のJ2上位チームよりもアレというか何というか。

そのせいか、いつも圧倒されるほどでイヤでイヤでたまらない浦和の応援の声も、イマイチ迫力がなく、ちっとも殺気が伝わってきませんでした。浦和戦って、もっと殺伐としていたものだったのに。J2のほっこりしたおもてなしに慣れてしまったウチらにはさぞかし脅威だろうと覚悟していたのに。

いやいや、他人様の心配をしている場合ではございません。確かに、東京はナオ様のゴラッソなゴールで勝つことができましたが、よかったのは前半だけ。後半はモタモタしている浦和にとどめをさすこともできず、シュートを打たれまくっていました。

天皇杯は勝ち抜くのが至上命題ですので、内容についてとやかく言う必要もありませんし、来年も同じメンバー&監督で戦うわけでもないので、この試合をもって来年の心配をするのも無意味なんですけどね~。浦和が情けなさ過ぎたこともあって、ちょっと不完全燃焼ではありました。でも、本当によかった!


R0019766.jpg
↑試合後に笑顔がなかった2人


試合後の挨拶のとき、ゴール裏から投げ込まれたサンタ帽をかぶった選手たちが笑顔を見せていた横で、ひとりむっつり下を向いていたのが、チームキャプテンの今野選手でした。移籍報道が出てからというもの、何となく意識して今ちゃんを見てきましたが、いよいよお別れの時が来ているのでしょう。

今までも何度も移籍報道が出て、そのたびに東京に残ってくれた今ちゃん。J2に落ちても残ってくれて、本当にありがとう。でも、今の不動の代表メンバーとしての地位は、東京にいたからこそ築けたものでもあったわけで……。

7年前、最後に浦和に勝ったときも、今ちゃんとルーカスがいたんだな~と思うと、今ちゃんと過ごしてきた時間がずいぶん長かったことに気付かされます。たぶん、多くの東京サポが覚悟を決めているはずだし、送り出す心の準備もできつつあるのかも……。だから、今ちゃんも笑顔で東京での最後の試合を楽しんでほしいと思いますね……まぁそういうことができないのが彼なのかもしれませんけど。


R0019735.jpg
↑ドロンパと社長のハイタッチを撮りそこねた……


そして、次はいよいよ準決勝。考えてみたら、08年、10年と準決勝で敗退していたんですね。ということは、そろそろ勝ち上がってもいい時期なのでは……。長居でセレッソと対戦するのにホーム扱い、勝ち上がれば「俺たちのコクリツ」をアウェイで戦うことになるという、天皇杯ならではの奇妙なことになっているわけですが、なんだか今年は行っちゃうような気がするな~(根拠ゼロ)。

FC東京のJ2修行の最後に、でっかいことをやってのけようではありませんか!
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)