スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

夏の夜の新幹線

Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝トーナメント1stレグ 東京VS名古屋は5-1で東京(記事タイトルは名古屋監督のコメントから)。

R0012507.jpg
↑五輪招致中


平日、味スタでのナイトゲーム。もしキックオフから12分遅れてスタジアムに到着した人がいたとしたら、いったい何が起こっているのやらわからなかったのではないだろうか。

だって、その時点で3-0ですよ!?
(いかん、思い出すだけで笑いが止まらない……)

日曜の試合でも、開始3分でゴールが決まったけれど、この試合でも同じ。開始直後は目まぐるしく攻守が入れ替わり、「最初からこんなに走っては後がキツそう」と思っていたのだが、平山選手が3分で決めてくれてからは、ほぼ圧倒的なゲームとなった。

最近の平山選手は「眠れる巨人、ついに目覚める」といった感じ。足は決して速くはないけれど、本当によく動くし献身的だし、最後まで頑張るし、「キラーパス」も出せばゴールも決める。高校生時代は純粋にFWだったけど、今はオールラウンドにすべてがいい。

後半の終盤、ちょっとした時間稼ぎを見せてくれた平山選手を見て、「ほんの数年前は、あれしか取り得がなかったのに……」としみじみとうれしかった。久々の「往年の平山ショー」、堪能させていただきました。

2点目は米本。試合では枠にボールが飛ばないことが多かったけれど、ここでしっかりと決めてくれた。「草民よりも早く決められてうれしい」というコメントがいいよねえ。ここでそーたんゴールもあればより完璧だったけど、5点目の起点になってくれたからいっか。

で、3点目はナオゴール。何も付け加えることはないけれど、あの角度から打って入っちゃうところが今のナオ。ホント、ひれ伏すしかありませんな。で、さらに長友選手の追加点があって、前半は4-0。

後半からは、休ませるためにも選手を大幅に代えてくるのかと思っていたのだが、カボレ→赤嶺のみ。ただ、大量リードで気が緩んでしまったのか、ちょっとぼんやりしている時間帯が多く、痛恨の失点をしてしまった。トーナメントではアウェイゴールが重要視されるので(確かナビ杯もそうだよね?)、できれば失点はしたくなかったのだが……。

あと2枠の選手交代は、米本→鈴木と、石川→草民。ヨネは最近ちょっとお疲れぎみだったから納得の交代。ナオの交代も、土曜を見据えて……かな? 今回は羽生さんはフル出場でした(お立ち台インタビュー時はかなり消耗していた様子。お疲れさま!)。



すべてがかみ合い、理想的な試合ができたのが今節の東京。ただ、改めて、これからは「暑さとの戦い」なのだなと再認識させられた。後半は両チームとも運動量が落ちたし、見ているだけで疲れるほどに消耗していたもの。

こんな気候での試合が続くからこそ、まだ元気で動けるうちに先取点をとってしまう最近の東京の戦いは理にかなっているともいえる。一般的にJリーグは「前半は様子見しつつ無得点、後半に頑張る」試合が多いそうだけど(何かの雑誌記事で読んだ)、真夏はそんなことをやっていたら疲労がたまるだけ。

暑さで動けなくなり疲れてくるのは両チームとも同じなのだから、とにかく速攻で決めてしまうのがいい。東京には、それができる選手がたくさんいるしね。



観客数は約1万2千人。平日夜の味スタでのナビ杯としては上々ではないだろうか。やっぱり、連勝しているとお客さんも来やすいよね。

試合後の監督コメントで思い出したのだが、そういえばこの試合はSOCIOであってもチケットを購入しなきゃいけなかったのだった(だいぶ前に買ったので忘れてた)。それを思えば、1万2千人はいい数字だったと改めて思う。私の周囲の指定席にもおなじみの顔がそろっていたし、ほとんどいつもと変わらない風景でしたよ。

監督コメントといえば、名古屋のストイコビッチ監督のコメントもすばらしい。いちいち納得である。ダヴィがいなくなった名古屋は、きっと盛り返すだろう。2ndレグは大量リードという意識をもたず、気を引き締めていかないとね。



結局、自転車観戦はしなかったので、帰りはダンナのおごりで味スタから某駅までタクシー。ふだんは自転車で通る道をクルマで通過し、とある交差点で赤信号で止まると、隣のレーンにも1台タクシーが止まった。

ふと横を見ると、隣のタクシーの助手席にはアディダスを着たハンサムな外人が。ブルーノに似てるなーと思っていると、後部座席には、はしゃぐ女の子とその後ろには……あれ、カボレじゃん! というわけで、窓をあけて、手を振ったりマフラーでアピールしたりしてみました(笑)。笑顔で手を振ってくれてありがとう。

小平でも、ときどき微笑ましい「家族サッカー」を見せてくれるカボレとブルーノ。本当にいつも一緒なのね。選手たちはみんな一緒にバスで帰るのかと思っていたので、ちょっとビックリなひとコマでした。

そうそう、タクシーの運転手さんも「東京が勝ってくれると仕事が増えるからいいねえ」だって。ナビスコのトーナメントについて話すと「浦和とやってほしい」ってさ(笑)。あと、「ヴェルディの試合では仕事にならない」ともボヤいてましたよ。
関連記事
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

コメント

「ほんの数年前は、あれしか取り得がなかったのに」

うわっ!厳しいっ!(大笑)
NFBDさん、コメントありがとうございます。

あー……すみません、悪気はないんです。ホメてるつもりが、ぜんぜんそうなってないという見本ですね。NFBDさんを見習わなくては~。
まさか名古屋相手に開始12分で3得点とは、想像もしませんでした。

しかも長友の4点目を含め、全てビューティフル・ゴールとは・・・。


本当に、ビックリしました!!
3ヶ月前は・・・
こんばんわ。

春先にはあんなに悲観していたのに、今では考えられないような結果ですね(笑)
久々に平山のロスタイム時間稼ぎ作戦が見られましたが、今の状況なら点を取りに行ってほしかったなぁ。
欲張りですかね?(笑)
とにかく、昨年は失速してしまった夏を今年はこのまま乗り切って上位に喰らいついていってほしいですねー。
コタツねこさま
コタツねこさん、コメントありがとうございます。

ビデオで見直しましたが、本当にみごとな得点ばかりでしたね。ほかにもいくつかチャンスがあったので、あれが全部入っていれば……って、高望みしすぎでしょうか。
sususu1999さま
sususu1999さん、コメントありがとうございます。

3月4月は本当にどんよりしていましたもんね。改めて、ファンの心はどうにでも上下するんだなーというか、お調子者というか……。この調子で、夏を乗り切ってしまえればいいのですが、とにかく気を引き締めて応援していきたいですね。
15分遅れて来た人が・・・
実は、ウチの奥さんが仕事の都合で15分遅れで到着。席に着く前、トイレに行ってから来たのだそうですが、トイレの中で歓声を聞いていたとか。
こういう人もいるんだろうなと想像できる典型的な例でありました。
それでも機嫌よく観戦していましたよ。

ナビスコ杯のアウェイゴール・ルールですが、テレビ解説でも誤解していたようですが、レギュレーションは以下の様になっていました。

試合方式
準々決勝、準決勝(ホーム&アウェイ)
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。
各回戦の勝者は2試合の勝利数が多いチームとする。勝利数が同じ場合は、次の順によって決定する。
 (1)2試合の得失点差
 (2)2試合におけるアウェイゴール数
 (3)第2戦終了時に30分間(前後半各15分)の延長戦
  ※延長戦ではアウェイゴールルールは適用されない。
 (4)PK方式

ですから4点差以上で負けなければ勝ち上がれます。今回はアウェイゴール数にナーヴァスになる必要はありませんね。

ナックファイブでも、盛り上がりましょう。
くらわばさま
くらわばさん、コメントありがとうございます。

ナビ杯のレギュレーションをありがとうございます。誰かが教えてくれるだろうと思って調べないで書く自分に反省……(笑)。

アウェイゴール、以前はおもしろいと思っていましたが、今は逆の評価をしています。単純にゴール数だけの比較のほうが潔いんじゃないかなと思って。第2戦もひきつづき頑張らなくては!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。