スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

ショック!カボレ離脱!

決勝進出の喜びもつかの間、いきなりコレだよ~。

カボレ選手が、カタール国内のチームとの選手契約交渉のため、チームを一時離脱することとなりましたのでお知らせします。また離日は、今夜関西空港から出発いたします。
※契約・来日等の詳細については、決まり次第ファンのみなさまにはホームページおよび携帯サイトにて、お知らせいたします。



カボレ中東移籍!?の報は少し前から流れていたけれど、昨日の試合を見ていて「ホントに行ってしまうのかも」と、イヤな予感がよぎったのは確か。ゴール裏のメッセージとか、ゴールも決めてないのに「シャー!」をやるカボレとか……。ゴール裏のカボレコールは「残ってほしい」というメッセージだったはずなんだけど……。

ブラジル人選手がより高額な給料を求めて中東へ行くことは珍しくはないので、カボレの移籍もありえないことではないと思っていた。でも、本日のトーチュウ様によれば、カボレはロッカールームで涙を流して選手たちに挨拶したのだそうだ。えー、中東に行きたくて行くわけじゃないのかよ~。

たとえば名古屋のダヴィみたいに、移籍が決まってからは「心ここにあらず」でチームの足を引っ張るプレーばかりを見せたりするのであれば、ファンとしても「さっさと行ってしまえ」という気持ちになるだろう。実は、昨日のカボレにもそんなプレーの片鱗があるのかも!?と思ってチェックしていたのだけれど、カボレはいつもの献身的(かつ決まらない(笑))カボレだったので、大丈夫かな?とも思ったりもしたのだった(いろいろ憶測しては気持ちが揺れるのねー)。

それにしても、昨日の今日というのはあまりにも急なこと。しかも関空から出発では、ファンが見送りに行くこともほとんどできないだろう。中東での交渉が不首尾に終わればいいのだけれど……とさえ思ってしまう。

クラブにとって、カボレの移籍がもたらす移籍金が重要であることは百も承知。「金がない」のもわかっているし、来年の胸スポンサーが未定なのも知っているし、お金がなければ補強さえムリなのももちろんわかっている。カボレの移籍金は損失補填に使われて、たぶん新選手獲得にはまわらないのだろう。クラブが延命するためには仕方がないことなんだろうけど……。

今年のカボレは、確かにあまりゴールを決めていないし、決定的なチャンスをはずすことがあまりにも多かった(昨日もあったよね)。でも、選手がシーズンによって好不調があるのは当然のことで、今年は「カボレの年」ではないということなのだろうと思っていた。

シーズン前にお父さんが倒れて帰国するという出来事もあったし、スタートでつまずいてしまうとずっと引きずってしまうことも多いから。カボレが活躍するとしたら、きっと来年だ!……そう思っていたんだよね。だからこそ、この知らせはとてもショックで残念だ。

今年、ブラジル人選手を中東へ送り出したJクラブは複数あるけれど、ガンバ大阪にしろ名古屋にしろ、ちゃんと「代わりの助っ人」は確保していた。でも、東京はたぶん「出ていったきり」。今の時期、チームのJ1残留すら確定しているわけではないし、ナビスコ決勝も控えているのに……。残されたメンバーで頑張るしかないけれど、この出来事が選手間に「クラブへの不信感」を芽生えさせなければいいのだけど。

ちょっとショックだったので、思いつくままにだらだら書いてしまいました。また後で訂正なり削除なりするかも、とりあえず今はここまで。


(なんでもっと得点力のあるブラジル人を引き抜かないで、カボレなんだか。たくさん得点決めてるブラジル人、川向こうにいるのに……)
関連記事
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

コメント

事情はよくわからないが・・・
みいこさんロッカールームで涙を流すぐらい悲しんだならしょうがない気がするなぁ・・・
人生には苦渋の選択もあるしなんとも言いようがない。
クラブには補強をすぐに動いてもらいたい。
外国人だけにこだわらず、点をとれるFW、もちろんこのピンチをチャンスに赤嶺や近藤が変えるのを望む。
何があっても改名しないと意固地になっている僕のSPECIALIZED SIRRUSでありますが(せっかく名づけたのに元のネームに戻るなんて、日産スタジアムみたいですもんね)、オーナーのワタクシの隠さざる見解としては、ビジネス的見地で今回の判断は已む無し、というものだったりします。「自分のブログ」では到底書けないかも…(苦笑)。報じられている移籍金、そして胸スポンサーにまつわる迷走という現実を鑑みると、もう、致しかたなしかな、と。無理に引き止めても、今シーズン末にもっともっともっと嫌な気分になる事は予想されますから、蹴球的世界経済事情の力関係をそのまま受け入れるほかないのかな、と、思う次第です。
で、僕の自転車は改名しませんから!
ちょっと前、10年前ぐらい?と比べて
ブラジル人選手を獲得するのに倍の値段がかかるんだってよ
ブラジルも経済的に豊かになってますからね
東京坊主さま
東京坊主さん、コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、今までなかなかチャンスがなかった赤嶺選手や近藤選手に奮起してもらうしかありませんね。彼らならきっとやってくれるはず!と信じます……。
NFBDさま
というか、ホワイトカボレ号オーナーさま、コメントありがとうございます! シラス君の改名はされないとのこと、とてもうれしくうかがいました。そういえば私のママチャリ1号も、当時ミーハーに好きだった某セリエAの選手にちなんだものだったのですが、名前だけは今も定着しております。ホワイト・カボレ号はこれからもオーナー様を、日本じゅうのスタジアムへ連れていってくれることでしょう!

で、オーナー様と同様、私も心のどこかでは(というか大半は)この移籍には納得していたりもするのです。それでもやっぱりスッキリしない部分をブログで垂れ流したりもするわけで、そうやって心のバランスをとっていたりもするのですねえ、と改めてしみじみとしたりもするのでした。
たいさま
たいさん、コメントありがとうございます。

BRICSでしたっけ……今では日本よりも有望な投資先といわれていますから仕方がないのかもしれませんね。ブラジルの主要輸出品目はサッカー選手ともいわれているようですし……。

東京に新たな選手が来るのはやっぱりムリなんでしょうかねえ……。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。