スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

城福語録:ホーム最終戦

城福監督のホーム最終戦の挨拶が感動的だったので、文字にしてみました。
若干間違えていたらごめんなさい。でも意味は合っていると思います。


一年間、選手、チームに声援をいただきましてありがとうございます。

このメンバーで戦えるのも、あと90分となりました。我々は悔いのない準備をして、悔いのない戦いを新潟でしてきます。残りの90分、また声援をよろしくお願いします。

今シーズンはシオの入院、カボレの一時帰国から始まりました。思い返せば本当にいろいろなことがありました。選手の遭遇したアクシデント、チームが直面した現実、クラブの事情、おのおのに簡単なものはありませんでした。どれも受け入れるのが非常に難しい、そういう現実でした。ただ選手は、そのたびに努力をゆるめず、必死で取り組んでくれました。そして、ファンとサポーターの皆さんの応援が、このチームの支えになりました。

選手には、生まれてから今まで、さまざまなバックボーンがあります、さまざまな歴史があります。今年、2009年に23歳になるヤツであろうが、28歳になるヤツであろうが、36歳だろうが、二度と来ない36歳、二度と来ない23歳、そういうシーズンを過ごしました。そして彼らには未来があります。彼らにはストーリーがあります。彼らおのおのに、ストーリーがありました。そしてみなさんの熱い思いと、彼らおのおののストーリーが、チームひとつのストーリーとなった出来事がありました。それは、11月3日の国立競技場です。

彼らの人生のストーリーの中でも、ファイナルに向かうあのストーリーだけは、彼らが主人公ではないです。誰も主人公がいない、誰もが主人公の、そういうストーリーが彼らの中に刻み込まれました。目の前の現実と戦いながら取り組む選手と、支えてくれる皆さんがいる限り、このチームのストーリーも続きます。

最後に2つ。このチームの歴史を築いてくれた藤山と浅利、両選手に感謝の意を表したいと思います。彼らが築いてくれた青赤魂という財産をもって、我々はさらに大きなクラブにならなければならないと思います。

そして最後に、今年一年、我々とともにストーリーを描いてくれた皆さんにお礼を言いたいと思います。

本当に一年、ありがとうございました。
関連記事
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

コメント

城福監督のご挨拶
みいこさんのいぢわるぅー

これからお仕事行くのに
また泣いちゃいました(笑)
あかおにさま
あかおにさん、コメントありがとうございます!

城福監督の言葉には本当に力がありますね。来年も、ヒロシに説得されて東京に来てくれる選手が何人かいるはず……!
ひろしくんにはまいったなぁ
まったくね-泣くと思ったし、泣かせる男だなぁ。今までの人生がにじみでてる話しだった。
みいこさん、僕らはいい船長に出会えたのかもしれないねぇ・・・
東京丸の冒険はあと90分でおわる。長いようで短い航海だが悔いのない戦いをしなければならない。明日のために・・・
東京坊主さま
東京坊主さん、コメントありがとうございます。

城福丸の船出は厳しいものでしたが、船長のおかげで荒波を乗り越えつつありますね。来年の航海はもっと順風満帆であればいいのですが……って、まだ1試合ありますので気を引き締めないと!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。