スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

反撃の夏……!?

J1リーグ第13節(13節だったのか~)東京VS神戸は2-2のドロー。
東京にとっては、敗北に等しい引き分け。

R0030048.jpg
↑この時点で2-0。このまま終わるかと思えば……


長かった梅雨が開けて、Jリーグが再開! 浮かれる心に冷水……というか泥水をかけられたような、そんな気持ちになる試合だった。とにかく、これで気持ちを引き締めて、同じミスをしないように日々頑張っていくしかない。

前半はパーフェクト。新加入の大黒選手は、得点こそなかったものの攻撃の起点となって大活躍。こういうFWが見たかったんだよね~とワクワクさせてくれた。ゴールは梶山&大竹なのだから、東京ファンにとっては文句のつけようもない出来。

暗雲が漂いはじめたのは、前半ロスタイムでの塩田の接触事故。明らかに脳震盪を起こしているように見え、前半を終わって引き上げてくるときも、半分意識が飛んでいるようにも見えた。大事には至っていないようだが、そのあたりから「ヤな予感」は始まっていたのだ。

結果論ではあるが、選手交代もすべて裏目に出ていた。投入された選手は、鈴木達也、ナオ、平山と攻撃的な選手ばかりだったが、チームは攻撃すればいいのか守ればいいのか迷ってしまったようにも見え、暑さによる疲労も相まって、中途半端なプレーに終始するようになった。

結果としての失点、そして後半ロスタイムでの追加失点。森重のハンドにすべての原因を求めようとは思わない。よくあることだが、この試合も東京の自滅。

わがチームは正直いって夏は苦手だ。運動量に頼る部分があるので、どうしても後半は走れなくなってしまう。それをどうカバーしていくのか。

また、今までは東京のストロングポイントだったサイドバックが、一気に東京の穴になってしまったこと。最少失点に抑えることでかろうじて勝ち点を重ねてきた東京だが、これからしばらくはそうはいかなくなるだろう(この日も、神戸でなければもっと失点していたかも)。だからこその大黒獲得なのだろうが、守備をどう立てなおしていくか、監督の腕の見せどころだ(徳永をSBに戻してもらいたい……と今シーズン当初から思っているんだけどね)。

「失点は罰があたったみたいなもんだし、東京が夏に弱いのは想定内」
「目標が残留になってしまいましたなー」
などなど、いつものようにグチグチ言いながら、それでも気楽に家路につけるのがファンの特権。当の監督と選手にとってはこの敗北(に等しい引分)は相当ダメージがあったようで、監督は憔悴しきってコメントもほとんどできず、塩田に至ってはピッチから去るときに泣いていたようにも見えた。

正直いって、この敗北(に等しい引分)はものすごく痛い。J再開後の対戦相手は、神戸、湘南、磐田、新潟とわりと組みやすい(失礼)相手が続き、反撃するならここしかないという時期だったのだ。ところがここで盛大にズッコケてしまい、しかも失点の仕方が最悪だ。うまく切り替えていけるのか、メンタルコントロールも重要になっていきそうだ。


R0030043.jpg
↑駐輪場もいっぱいだった


入場者数は2万5千人ほどだったが、味スタには新規のお客様がたくさん来てくださっていたようだ。いつもの駐輪場は3割増しで自転車が増えていたし、売店は長蛇の列だった。活気が戻ってきたスタジアムは本当にいいものだ。この勢いをつなぎとめるためにも、チームの奮起が求められる。

ゴール裏の応援には、新たにブブゼラが加わった。生ブブゼラは初めて聞いたが、なるほど音がデカいね~! これをスタジアム全体で吹きまくっていたら、なるほど何も聞こえなくなってしまうだろう。味スタでのブブゼラは終わってしまったW杯への郷愁を誘うようで、ちょっといい効果を出していたように思う。

そういえば「眠れない街」を歌っていて追いつかれたのは、初めて見た。あの時のあの曲は、「追いつかれそうだが踏ん張ってくれ」という祈りを込めていたようにも思えたが、「まだ歌うとこじゃないだろ」という思いと打ち消し合ってしまったのか……。

ところで、最近のゴール裏は辛抱が足りないように感じてしまうことがある。よほど酷い試合&結果でもない限りは、自分のチームにはあまりブーイングをしないほうがいいのではないか。これだけ頻繁にブーイングをしているとそのインパクトも薄れるし、選手とゴール裏の絆にも影響してくると思うんだよね…。

ブーイングということでいえば、最初の選手紹介につづく審判紹介の時点でブーイングするのも何だかな~と思う。家本さんはいろいろあった審判ではあるけれど、まだ試合も始まっていない段階からブーイングでは……。選手と観客と審判とが協力しあっていい試合を作っていくのだということをもっと認識してほしいな……。

試合後は、長友選手の壮行セレモニー。川崎のような凝った演出は何もなかったが、シンプルでいい挨拶だったと思う。残念だったのは、チームメイトも監督もドロンパも同じ場所にいなかったこと。別に胴上げしろとは言わないけど、皆で拍手で送り出す雰囲気が欲しかったな。あの試合結果ではそれどころではなかったのかもしれないけど。


R0030049.jpg
↑かいがいしく世話を焼くドロンパ


で、私の(笑)ドロンパは、初のジャンピングシューズお披露目。かめひよとの絡みを見ていると、なぜか「介護」という単語が連想されるのも昨年と同じ。マスコットがいるっていいなあ。私の場合、これだけで全部許されちゃうもの(笑)。

この日はハーフタイムに出てきてくれたおかげで、何とかドロンパの姿を見られてよかった。これからは選手だけでなく、ドロンパにとってもツラい季節。でも、彼も泣き言を言わずに、暑くても飛んだり跳ねたりしているのだ。選手たちも頑張って走ろう!


そんなこんなで、またいつもの週末が戻ってきた。勝っても負けても引き分けても、いつものようにスタジアムへ行く日常が。
関連記事
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

コメント

危険な暑さですね~
青赤自転車ホーム初参戦だったんですねぇ--昨日は早くから飛田給駅前なんかぷらぷら流してたのね。マックで涼みながら本を読んだり野菜小屋で話したり、知り合いやら友人やら挨拶しながら待ち遠しい時間が過ぎていった。ゴール裏中心部は新しい顔がちらほら見えた。これもワールドカップ効果かもしれないなぁ。ブブゼラ吹いてた人もいたしね。東京ゴール裏の応援は3人のコールリーダーと太鼓が3人で構成される。後は煽りながら跳びはねるわけで、その中でも「煽り隊」が実は重要なポジションだ。若手が担うから毎年多少入れ代わるので難しいところでもある。劣勢の時や緩い時に活を入れるのも「煽り隊」の役目なんだが、今は世代交代の時期で去年より若返りしている。昨日の展開だと前半はよかったが後半は緩みが続いてしまったなぁ。反省だぁ。外からではわからないがゴール裏中心部はブーイングしていない。まったくするそぶりもなかった。ただ多くの中心部以外はしていたけどね。なにせ僕らは、叫び跳びはね応援したわけで選手もサポーターも同じく戦ったわけでブーイングする元気があるなら戦う応援してくださいと僕は思う。みいこさんショックな引き分けかもしれないが、こういう時こそ僕らの励ましや応援が必要だ。心をひとつにだね・・・
バージョンアップ
コメントお久しぶりです。
暑さに負けて自転車は自宅待機させてしまいました。(>_<;;

「眠らない街」は「えっ歌える状況じゃないんでは?」「歌っていいの?」とか迷いつつ、祈りを込めて声を張り上げて歌いました。でも、追いつかれ…。
みいこさんが書かれた「打ち消し合った」のくだりに、うなずいちゃいました。まさにそんな感じだったのかも。

他も色々同感だととうなずくことがいっぱい書いてあり、カキコしようと思いました。

闘ってた選手たちへブーイングはできないし、よっぽど気の抜けた試合をして負けたとかならわかるけど…。
まして試合前から審判へのブーイングは気持ちのいいものではないなぁ、審判に心理的に悪印象を刷り込んで、東京へプラスになることは、何もなさそうだと前から思ってました。

昨年のかめひよとの台車パフォーマンスにジャンピングシューズでバージョンアップとは想像外で嬉しかったですね。なんとか毎試合、単独でもドロンパをハーフタイムに登場ってできないものですかね~。

ドロンパだけでなく、東京もバージョンアップの片鱗を前半に見せてくれたので、バージョンアップの継続を願うばかりです。
こんばんは。

昨日は本当に残念な試合でしたね。これで完全にスイッチオンしてくれればいいのですが。

ブーイングですが、私もゴール裏中心部で暴れていますが(ルパンとかでタスキが横に動いてくる時はマジ怖いです・・・)、東京坊主様がおっしゃる通り中心部でブーイングしている人なんてほとんどいません。昨日の試合に関しては自分含め放心状態で脱力しておりましたし。

ブーイングは必ずといっていいほど中心部のサイド側から出てきて「勝手に吠えてろ」って感じですね。

家本さんは耐え時だと思います。西村さんみたいにD監督wに責められてもスルーできる余裕もって空気みたいな審判に生まれ変わってもらいたいっす。そうすれば自然とそういう反応はなくなっていくでしょう。

今度の湘南戦、時間をもてあます東京サポが平塚の街をあてもなく彷徨う光景が目に浮かんでくるのですが(爆)
あくまでも前向きな男
ラストプレイで同点とされ、負けに等しい引き分けでした。サポのこちらもキツい結果となりましたが、新加入の大黒は前向きなコメントを残しています。

この図太さは今までの東京の選手にはなかった要素。東京の進化に必要な力だと思います。

大黒が加入したからといって、直ぐに結果が出るはずも有りません。まだ、21試合も残ってます。東京の反撃を信じて応援しましょう!!

東京坊主さま。
東京坊主さん、コメントありがとうございます。

私の席からはわからないゴール裏の事情を教えてくださってありがとうございます。そうですか、ブーイングをしているのは、「薄いファン」なのかもしれませんね。そのあたりも統制できればいいのかもしれませんが、なかなか難しいでしょうね……いろいろ困ったものです。

青赤自転車の味スタデビュー、おめでとうございます。私らは久々にスポーツ自転車で行きましたが、帰りは追い風に乗ってあっという間に帰宅できました。結果がアレでなければパーフェクトだったのですが……。
cocoさま。
cocoさん、コメントいただけると励みになります。ありがとうございます。

なるほど、バージョンアップとは良い言葉ですね。チームもこの中断期間中にたくさんトレーニングをして、バージョンアップしているはずですので……。これからに期待します! ……したいと思います! 
ほてまりさま。
ほてまりさん、コメントありがとうございます。

ゴール裏の件、重ね重ねありがとうございます。遠くから見ているとそのあたりがよくわからなくて誤解してしまったりもしますので、こういうご意見がうかがえるのは大変ありがたいことだと思います。

平塚、どうしましょうねえ。駅前にレンタサイクルがあるというので利用しようと思っていたのですが、日曜休業ということでガッカリでございます。利用できれば、海を見に行こうかと思ったのですが……。
コタツねこさま。
コタツねこさん、コメントありがとうございます。

私も、大黒選手のコメントには励まされる思いでした。いい意味で「ゴール以外何も考えてない」というか何というか……。東京の選手たちはすぐに下を向いてしまう傾向がありますので、大黒選手にムードメーカーになってもらいたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。