スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

日程は言い訳にならない

J1リーグ第16節 新潟VS東京は2-1で新潟。

R0030339.jpg
↑オレンジ色に染まったスタジアム


磐田戦から中2日で新潟遠征。過密日程を考慮してのメンバー入れ替えは、足を引っ張った結果となってしまった。後半序盤の怒涛の攻めはかなり効果的だったのだけど、あの時間帯に得点できなければ万事休すだよなあ。今ちゃんゴールは焼け石に水でした。

わがチームがめざすサッカーは理想が高く、監督はそれをめざして、日程がキツかろうと選手が足りなかろうと疲労が蓄積していようと猛暑だろうと、あまり変えるつもりはないように見える。

暑くて疲れている時用の戦い方というのがあるようにも思うのだが、東京はひたすらパスをつなぐ。日本代表は土壇場で戦術を変えてあの結果を出したが、東京は理想に殉じるつもり……かな!? だとしたら、日程を「フェアでない」なんていう泣き言はちょっとカッコ悪いかも。

最近は「複数ポジションをこなせる選手」があたりまえとされていて、東京でも人材不足のせいもあって、多くの選手が本職ではない仕事をさせられている。最近では「もとはどこのポジションだったっけ」と思っちゃうくらいシャッフルされているけど、あまりいろいろいじらずシンプルに、得意な仕事を得意な選手にやらせるほうがいいんじゃないかとも思ってしまった。

来週は、味スタ入魂のイベント目白押しの名古屋戦。花火に浴衣にマスコット集合だ。ここでみっともない試合を見せると、またまた「味スタ満員」が遠くなる。でも、東京にはミッドウィークにスルガ杯が待ち受けている。

ほかのチームは休めるのに、東京は試合をしなくてはならない。これも「アンフェア」だというのなら、タイトルなんて獲らないほうがいいってことだよね。

強いチームほどたくさんの試合をこなさなくてはならないものだし、チャンピオンチームが出場できる試合は「ごほうび」なのだから。スルガ杯は、過去に何度か体験した「プレシーズンマッチ」とは違う性格のものだ。どんなメンバーで臨むのか、不安とともに期待している。


R0030325.jpg
↑新潟駅からは4キロくらい


ビッグスワンへ行ったのは、02年のW杯以来。なので、「アルビレックス新潟」のホームゲームは初めて見たのだった。

スタジアムに続々集まってくる老若男女(主に家族連れ)の姿は、ほかのスタジアムではあまり見ることがなく、オレンジ色に染まったスタジアムの迫力は圧倒的だった。味スタでいえばアウェイ側の2階にあたる席も、アルビサポでいっぱい。「普通の人々」が精一杯の応援をおくるさまは、浦和よりも迫力があるように思えた。

ホテルに着いてNHKを見れば「地域のニュース」でアルビの勝利を伝えるし、翌朝の新聞でもスポーツ面とは別に地方面でアルビ勝利を報道。東京ではとても考えられないことだが、いつかはFC東京の勝利がそうやって報道されるようになればいいと思う。たくさんの人が興味をもって「知りたい」と思うようになれば、ありえないことではないのだからね。

アウェイを見に行くのは本当に楽しい。ホスピタリティあふれるスタジアムであれば、また行こうという気になる。味スタに来たアウェイサポの皆さんは、そんな気分になって帰ってくれるのだろうか。


R0030335.jpg
↑ドコモでオレンジ色のチームというと別のところを連想…


R0030328.jpg
↑立川でも見たことがある海上保安庁キャラに新潟で再会(笑)


マスコット好きとしてはイマイチ不完全燃焼ではありましたが、いろいろ見られて楽しゅうございました。アルビくん一家全員が見られなかったのは残念。大家族だからなあ。


今回はメイン席で観戦。今ちゃんゴールの直後、得点者の名が読み上げられたとき、前に座っていたお嬢さんが「あづまれ~!」のポーズをしたのは微笑ましかった(笑)(グッズも何ももっておらず、どちらのサポなのかは不明)。
関連記事
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

コメント

上手くいかないなぁ~。
負けて日程の話を言えば言い訳になる事は、城福監督は百も承知でしょう。

それでも敢えて言ったのは、選手の頑張りや準備の努力を理解してもらいたかったからと思います。


今の東京は、理想と現実の間で苦しんでいます。
今までのポゼッションサッカーと、人数をかけて守り、攻撃は大黒にお任せというサッカー。

どちらも出来れば良いのですが、そう上手くはいきません。特に東京の心臓であるボランチにケガ人が多く、メンバーを固定出来ないのが厳しいです。

城福監督の苦心の采配が続きそうです。
コタツねこさま。
コタツねこさん、コメントありがとうございます。

ブログ本文には書きませんでしたが、梶山と権田のあいだで小競り合いなんてこともありましたね。いろいろな意味で、苦しんでいるようで心配ではあります。

でも、ここを乗り越えないと! ファンとしては応援するしかありませんね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。