スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

落日。

2010年J1リーグ最終節 京都VS東京は2-0で京都。
この結果により、東京のJ1昇格以来初のJ2降格が決定した。

R0011678.jpg
↑京都は東京よりも15分ほど日没が遅かった


試合前は、ポジティブな情報ばかりが流れていた。東京は勝てば自力で残留できるし、相手はすでに降格が決まっている京都。モチベーション的にも東京のほうが上回るだろうし、代表クラスの選手を多く抱える東京のほうが神戸よりも有利、etc.

しかし、毎年J1の残留ドラマを見て、直近の神戸の数試合での奮闘ぶりを知る身としては、正直いって不安なものを感じていた。神戸は当然ながら勝つだろうから、東京は何が何でも勝ち点3をとらなくてはならない。だが、今の東京にその力……気持ちがあるのかどうか。2年前の最終節、ジェフ千葉が2点リードをひっくり返したときのような、そんな試合を東京ができるのか。


R0011665.jpg
↑好天に恵まれた美しい秋の1日だったが……



悪い予感は的中。いつもの東京ならば、ボールを支配して積極的に攻撃していくのに、最初から攻められっぱなし。選手たちの動きが硬いのだ。緊張なのか、プレッシャーなのか、東京の選手だけ足枷をつけているのか、重力がかかっているのか、とにかくダメだ。序盤から立て続けに京都にCKを与えてしまったり、目を覆うようなプレーが続く。

失うものがありすぎる東京、失うものがない京都。京都はのびのびとプレーをし、東京はガチガチ。1失点しての後半は、さながら東京のシュート練習のようになったが、精度に欠くうえに京都ががっちり守っているために得点の気配もない。そして、あせりが生んだ2失点目。一方で、携帯で追いかけた神戸の試合スコアは圧倒的だった。万事休す。


R0011675.jpg
↑ピッチに用意された観客席で見ていたのはスタッフの皆さん!?


残念だとか言う以前に、試合結果はまったくもって妥当なもので、それによる降格も仕方がないというほかない。あんな試合をしているようでは勝てるわけがなく、そういう試合を積み重ねてきたからこその降格なのだから。


R0011685.jpg
↑弱いから負けたんだよ


個人的には、FC東京の歴史をつくったこの試合を生で見ることができて、とてもよかったと思う。TV観戦だったら、耐えられなくて途中で目をそらしてしまうか、音声だけ聞きながら他のことを始めてしまったかもしれない。でもその場にいたから、しっかりと見届けることができた。

2002年から東京を見始めたので、昇格の瞬間は知らない。ナビスコ決勝の2試合は見ることができたが、この降格のインパクトに比べたらたいしたことがないといっていいくらい。他の2チームのように数字上で降格が決まったのではなく、1試合の勝敗で土壇場で転げ落ちたのだ。しかも、その引き金を引いたのは自分たちのふがいなさ。

海外には100年を超える歴史をもつクラブがたくさんあって、サポーターたちは命が続くあいだはクラブの浮き沈みを身をもって経験していく。東京の歴史はたかだか10数年だが、そんな仲間にようやく入れたという気持ちだ。のーてんきなのかもしれないけど、これからもこのチームとずっと付き合っていくんだという気持ちを新たにさせてもらった。

次なる東京の試合は天皇杯。下克上が魅力の天皇杯には、ほんの3日前までは「福岡が東京に勝つ」というシナリオが用意されていたかもしれない。だが今や、同じ「J2がJ1に勝つ」というシナリオでもチーム名が入れ替わるというという事態になってしまった。

これから契約更改交渉などが始まる東京の選手たちに、天皇杯を戦う気力が残っているかどうかはわからないけれど、それでも「天皇杯ってそういうことが起こるもんだよねー」というドラマを期待したいという気持ちはある。リーグ最終戦では多くの選手が不完全燃焼で終わったはず。2010年を悔いなくしめくくるためにも、最後の底力を見せてもらいたいと思う。



*シーズン全体の考察は別記事で書くつもり~。
関連記事
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

コメント

今まで降格したチームを散々バカにして、いざ同じ立場になってみてご気分はいかがですか?
止めを刺さされたのが、元ヴェルディのディエゴってのもさぞ悔しかったことでしょうね(高笑)
同じ穴のムジナと言われればそれまでですが、一言。
「ざまーみろ」
一つの区切り
現地組です。


最後まで開き直れず、中途半端なプレイでは相手を崩せませんでした。

私も相当凹んで東京に帰って来ましたが、もはや結果は変えられません。

どんなメンバーになるかはわかりませんが、まずは天皇杯で良い結果を残して、来季に繋げてもらいたいです。

チームの長い歴史において、いつも好調な訳はありません。しばらくは我慢の時代かもしれませんが、まだまだこれからです。
みいこさん、人生はままならないものだねぇ・・・
降格については、いろいろ評論家の方や記者が分析しておられる。
みなさんごもっともなお話なので参考にさせていただく。
あまり我慢してもしょうがないのでツイッターではいろいろ吐いてしまう。
まぁ人間ができていないんだろうなぁ。
みいこさん、七転び八起きだよねぇ・・・
確かに弱いから負けたんだ。
ここというときに力がだせなかったのはチーム力が足りなかったんだ。
それは開幕から最終戦まで変わらない現実だったねぇ・・・
引き分けが12試合ある。ということはそのどれかで1点でも獲れていれば勝ち点2がプラスになっていた。
タラレバをいっても始まらないが、1点の重みは人生を変えるものかもしれない。

みいこさん、不思議なことに落日の写真はキレイだねぇ・・・。
ちょっともの哀しく淋しい感じがするが、いい写真だ。

太陽は沈んでしまったがまた昇る。
みいこさん、来年も味スタでね。

残念です
多摩川クラシコができなくなって
残念です……ということもありますが、
もともと、FC東京は降格するような
チームではないと思っていました。
ひとつ歯車がくるってしまうと、充分な選手層が
あっても、降格してしまうのかと……
サッカーってほんとに怖いです。
また多摩川クラシコで待ってます。
といっても、フロンターレも終盤は勝ちきれない
ゲームが多くて、明日は我が身。
来季は新監督のもと、立て直してほしいです。
コタツねこさま。
コタツねこさん、コメントありがとうございます。

京都遠征、お疲れさまでした。

これも長い歴史の中のひとコマですね。まだまだこれからです。
東京坊主さま。
東京坊主さん、コメントありがとうございます。

遠くからあの試合を見守るのはお辛かったでしょうね。お疲れさまでした。勝てなかった味スタでの試合の数々、もう少しホームで勝てていれば降格はなかったことでしょう。

ともかく、人生はこれからです。来年も頑張りましょう。あ、その前に天皇杯がありますね。
MIKAさま。
MIKAさん、コメントありがとうございます。

確かに、歯車がひとつ違ってしまったら……という部分はあったと思います。でも、東京の場合、その歯車は2つも3つも違ってしまっていました。それに、選手層もとてもいびつだったんです。

来年はふろん太君にあえなくて残念です。楽しいイベントをやってくださいね。こちらは1年で戻れるように頑張るのみです。
残念でした。
いつも楽しく拝見しています。

「ピッチに用意された観客席」はメインと同料金の「エキサイティングシート」ですよ。
青赤のエキサイティングな残留決定の瞬間を見たくてこの席を確保しましたが、
ものすごくつらい瞬間を至近距離で焼き付けることになってしまいました。

この悔しさを忘れずに天皇杯・来シーズンとまた一緒に応援していきましょう。
o0waさま。
o0waさん、はじめまして&コメントありがとうございます!

なるほど「エキサイティングシート」だったのですね。めったに見られない場所で、歴史の瞬間を目撃するというのも経験ですね……。教えてくださってありがとうございます。

次の天皇杯も頑張りましょう。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。