スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

薄氷の勝利

J1リーグ第11節 東京VS富山は1-0で東京。

R0014788.jpg
↑31歳で「老」を意識しなくてはならないとは何と過酷な世界か


「30歳だけど、悔しかったんで」。

今節のヒトコトといえば、これに尽きる。
羽生さん、30歳でも40歳でも、50歳になっても悔しいときは悔しいよ。心の中にたまったたくさんのことが、あのゴールで一挙に解放されちゃったんだろうなあ。あのゴールがなかったらと思うと、ゾッとする。本当にありがとう。


R0014752.jpg
↑J2ナメてま「した」に変わった


改めて、羽生さんが出られない東京というチームの現状を思う。

彼があまり使われないのは、コンディション不良やケガでもあるのかと思っていたけど、あのインタビューの内容からするとどうやらそうではないようだ。万全の準備をしていても、使われないということだ。

羽生さんは、前監督の城福さんが掲げた「Moving Football」を体現する選手として東京に来てくれた。監督が大熊さんに代わった後にチーム残留を決めるまでには、たくさんの葛藤と熟慮と煩悶があったことだろう。あえて厳しい道を選んだベテランに、やっぱり大熊東京は冷たかった。監督が代わったのだから、仕方がないといえばそれまでだけど。

でも、出口が見えなくて苦悩している東京にとって、彼は必要な選手だと思う。昨日の試合、やることが明確で迷いのない富山の選手たちに対して、東京は相変わらず右往左往するばかりだった。特に前半の富山は実に魅力的なサッカーをしていたので、不運な負傷退場が続出しなければどうなっていたかわからない。


R0014756.jpg
↑富山の皆さんのユルネバ


選手としての個人の能力は東京のほうが高いのかもしれない。でも、サッカーは11人でやるからこそのスポーツ。富山はチームになっていたが、東京はなっていなかった。

東京の選手たちは、どうしてうまくいかないんだろう?と悩んでいるようでもあり、自信を失って何かを怖がっているようにも見えた。結果として消極的になり、自分のプレーに責任をもたないのでミスも多く、見ていてつまらないサッカーが繰り返されるといった事態に陥っている。

この期に及んでチームの方向性さえ決められない監督もどうかと思うのだが、烏合の衆のような今のチームに、羽生さんのような責任感の強い選手が入ってくれればもう少し引き締まるかもしれない。そんなことを考えていた。


R00147811.jpg
↑米本選手はメイン2階で観戦


内容はともかくとして、結果にはひと安心。でも、このままで長いシーズンを乗り切ることは難しいような気もしている。5試合で2得点しかできないなんて、昨年以上のフラストレーション。

前監督の城福さんは理論派で、「うまくいっているときは」選手たちのモチベーションを上げることに非常に長けていた人だ。対して大熊監督は、偏見かもしれないけど、戦術や言語を駆使するタイプではなくて、どちらかといえば脊髄反射的というか、直感的なような気がする。

昨年までの東京を知っている選手にとっては、もしかしたら今の監督は物足りないかもしれない。なんとなく、選手と監督のあいだがうまくいってないように感じるのだが、これもまたただの思いこみなのかもしれないけどね。ともかく、昨年よりも、今年のほうがキツいかもしれない……なんとなくそんな予感がすることだけは確かだ。


R0014755.jpg
↑以前はなかった試合前の水撒き。ちょっとだけ虹


この日の入場者数は14174人。前回のホームゲームが17572人だから、3000人以上少なくなっている。駐輪場に着いても、コンコースを歩いていても、ビールが飲みたくなる天気なのにほとんど行列していない売店を見ても、「今日はお客さんが少ないな」の感は否めなかった。

毎回つまらない試合をしていてゴールも入らないのだから、仕方のないことだろう……と思っていたら、この土日に開催されたJ1&J2全試合では、それでも入場者数第2位らしい(1位はコクリツ開催の柏VS浦和戦の24222人)。ゴールデンウィーク最終日でこの入場者数では、Jリーグとしてもちょっとマズいのでは!?
関連記事
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

コメント

東京も、かくありたい!!
富山は実に素晴らしいチームでした。誰もサボらず、必要に走ってました。

個々の技術は東京が遥かに上でしたが、富山の選手は本気で東京に勝ちにきてました。その迫力は、東京以上。


東京も達也のように必死に走っている選手もいましたが、まだまだ迫力不足。

富山は、東京が忘れているモノを思い出させてくれた尊敬すべきチームです。
嬉しい一勝
味スタでもらい泣きし、帰ってからビデオ見て更に涙し… いろいろ感想ありますけど、こんなに勝ちが嬉しいとは。
昨日は浦和サポの友人父娘を招待したんですが、この父娘が観戦したゲームは勝ち続きだそうで。東京サポへ改心させます。親父の方は半分その気になりユニ買ってましたが(笑)
帰りに自転車がパンクしてたってへっちゃら。ご機嫌で帰りました。ゲンキンなもんですわ…
明日を信じて・・・
みいこさん夕日が綺麗だったね。帰り道、僕はゆっくりと自転車を漕いで帰った。途中マックによりコーヒーを飲みひとりボーとしてた。疲労と安堵とそして歓喜が交ざった状態だ。
携帯でツイッターを見たら賑やかな仲間達の数々の言葉。
まるで優勝でもしたような感じだね。
実は何もチーム状態は改善されてない。
僕のようなシロートでもわかる。
果たしてこのままで大丈夫なのか不安が募る。
それでも僕には応援することしかできない。
チームを信じるしかない。不信感があったら応援なんてできないからね。

みいこさん絶対ドロンパ主義は効果があったね。
今は何でもやれることはやるべきだ。
だからサポーターなわけなんだ。
それぞれが自分の好きなように思うようにサポートすればいいと思うなぁ。
前半終わって重苦しい雰囲気がゴール裏にはあった。
ネガティブなゴール裏では選手を鼓舞できない。
そこでドロンパ君登場だ。子供達だけじゃなく大人達も和ませてくれた。

気分転換し気合い入れ直し応援できた。
後半は祈るような応援だったと思う。
シュート打てコールは勇気を持てとのメッセージだ。
羽生さんのゴールはチームだけじゃなくサポーターみんなに勇気をくれたような気がする。

さてまだまだリーグは戦は続く。山あり谷ありだねぇ・・・
コタツねこさま。
コタツねこさん、コメントありがとうございます。

富山、イキが良くて本当によかった!
前半途中からは、富山目線で見てました(フラストレーションが貯まるので)。
次に対戦するときが楽しみ……というか、心配ですね。
Cozyさま。
Cozyさん、コメントありがとうございます。

東京サポを増やす計画、すばらしいですね。
以前、招待した日に7失点して負けたことがあり、
以来恐ろしくて誰も招待する気になれません(笑)。
昨年も「もうちょっと調子が出たら」と言っているうちに降格しちゃいましたし……。
東京坊主さま。
東京坊主さん、コメントありがとうございます。

いつもtweet拝見しています。
ブレない姿勢に感銘を受けております。
わたしは迷ったり、ブレたりしまくりだからなあ。
東京坊主さんみたいな人たちが、本当に支えていてくださるのですね。
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。