スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

ACLホーム初戦:勝ちたかったけど…

AFCチャンピオンズリーグ第2節 東京VS蔚山現代は、2-2のドロー。北京VSブリスベンが1-1だったため、第2節を終えた段階では、東京はグループ首位。

R0021193.jpg
↑試合終了後


オーストラリアには行かれなかったので、アジアで戦う東京を見るのはこれが初めて! あの青赤ストライプのユニフォームを着てACLを戦う我らが東京! 何と誇らしい! 

正直言って、シーズン前は「ACL出場はご褒美」と思っていました。グループリーグ敗退は織り込み済みで、その中でどれだけできるのか……と。ところが初戦のブリスベン戦で気持ちよく勝ってしまったため、何だか欲が出てきてしまったみたい。できればグループ突破をしてほしい!

対戦相手についてはほとんど予備知識はありませんでした。せいぜい、Kリーグ開幕以降連勝していることや、かつてJで活躍していた選手(家長選手を含め)がいるという程度。でも、韓国の強豪なのですから、一筋縄ではいかないでしょう。少なくとも、オーストラリアのチームよりは強いはず。勝ってほしいけれど、ケガはしてほしくない。そんな気持ちで観戦していました。

感想をひとことで言うならば、ACLっておもしろい!ということでしょうか。見ていてこんなにおもしろい試合は久しぶりです。明らかにJリーグとは違いますし、エキジビションの親善試合とも違います。観客数こそふるいませんでしたが、こんなにすばらしい舞台に東京が立てたなんて! 

もちろん、勝って終わることができればよかったのですが、それができなかったことで、今の東京に欠けている部分が浮き彫りになりました。これを修正していけば……と言うのは簡単ですが、かなり難しいと思います。名古屋線の失点にしても、原因は同じところにあったように思えるからです。

逆にいえば、東京が失点するとしたらあの形しかない、というのでしょうか。それがわかっているならば、どのチームも狙ってくることでしょう。東京は、豊富な運動量をもって対抗していくしかありません。ACLというハードスケジュールを乗り越えたあとは、真夏がやってきます。疲労と暑さにどう対処していくのか……今後、ポポサッカーの真髄が問われることになるでしょう。

心配事はともかくとして、見ていて本当におもしろい試合でした。東京の得点は徳永選手と梶山選手。今まで、あまり得点したことのない2人です。梶山選手が必死でボールを追う姿を見るだけで、まるで「クララが立った!」かのように感動してしまうわけですよ。いやぁ、こんな梶山が見られるなんてなあ。


R0021186.jpg
↑ヨネ、お疲れさま!


この試合では、米本選手が初スタメンとして出場しました。まだまだ試合勘は戻っていないようですが、出場を重ねればだんだん調子が戻ってくることでしょう。

ドローとはいえ、失点して追いつかれたということで「負けた感」がいっぱいの試合ではありました。でも、アジアの強豪を相手にこれだけ戦えたということを、自信につなげてほしいと思います。ACLグループリーグはあと4試合。疲労はたまるかもしれませんが、試合をひとつこなすごとに経験というかけがえのない財産を得られているはず。東京の挑戦は始まったばかりです!


R0021174.jpg
↑ポポ観察に最適


この試合のチケットは、SOCIO優待「席種選択販売」を利用しました。その方が、いつもの指定席よりもいいところがとれるかな?と思ったもので。買ってみると、席はメインの前から2列目。雨でなくてよかった……というか、こんな場所で見るのは初めてだな~という場所でございました。

この席の最大のポイントは、ポポヴィッチ監督を間近で見られること。まさに「ポポ裏」といってもいいでしょう(笑)。監督、すっごく怒っていたように見えましたが……。とにかく声が大きくて、ゴール裏の声援があってもポポ監督の声が聞こえてくるほどでした。前半は「あー、またハーフタイムに怒られるんだろうなー」と思いながら見ておりましたよ~。


R0021167.jpg
↑フェアでいい試合だったと思います


そういえば、試合が終わったあと、蔚山の選手たちは東京のゴール裏に向かって一礼していましたね。韓国のチームは荒っぽいという先入観だけがあったので、これにはちょっと感銘を受けました。

蔚山の選手名を見ると、世界各国からいい選手を集めているような印象。Jリーグもブラジル人だけでなく、アジア各国やブラジル以外の中南米からも、新しい選手を入れていくのがいいのかもしれません。柏と対戦したタイのチームは強かったしな~。

蔚山現代は、本当に強かったです。こういう相手と戦えるのもACLという舞台に立てたからこそ。こうした経験を重ねながら、東京も成長していけると信じています。


R0021134.jpg
↑ACLユニ引換所。無事Mサイズをゲット


*追記*

後で録画を見直しました。
徳永選手のゴール、「まぐれじゃない?」なんて言っていてスミマセンでした。ゴラッソ!だったのですね。で、監督が森重選手を名指ししたのは、試合直後のインタビューだったのですね。モリゲは大分時代からずっと見ている選手。彼の性格などをわかったうえで、あえて名前を出したのではないかと思っています。きっと奮起してくれるはず!


*メモ*
得点:徳永 梶山
交替:米本→長谷川 谷澤→羽生 渡邉→ルーカス
関連記事
にほんブログ村 ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになり、更新にも力が入ります
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

コメント

どうも、多摩川の反対側の者です。
昨日、国立で見てました。
暖かくて快適な観戦でした。
ACLってJとは違う楽しさですよね。
あー、この違うわくわく感、懐かしいなぁと思いながら見てました。

ACLってある意味レフェリーとの戦いでもあるんですが、昨日のレフェリーはまだまともな方だったかも。中東のレフェリーだと、「えー?」って思うことしばしばです。
韓国チームも中国チームも、体にモノを言わせて体当たりで来るチームが多いので、ケガ人なしで、ラウンド16へ進めることを祈ってます。
(私、中村憲剛が顎を割った試合を韓国で生観戦してまして・・・。ACLはケガが怖い!)

ところで、監督さんも名指しでコメントしているみたいですが、森重選手は右しか見えないんだろうか?って思いながら見てました。左で太田選手がさんざん走っていて、フリーで立っていたのに、パスが右の狭いエリアにしか出ない・・・。
「森重、左を見ろ!」って私、ずっと叫んでました。

負けなくてよかったってところでしょうか。
前半は徳永選手のゴラッソなゴール以外は、攻められっぱなしって印象を持ちました。
アウェイでも最低引き分けで帰ってきてほしいですね。
貴重な経験
惜しかったですね。

スーバーゴール2発とアララな2失点でドローという、良さも悪さも出た試合でした。でも、チームは始動してからまだ二ヶ月ですから、安定感が出るには早いでしょう。

ドタバタしながらも、公式戦5試合連続得点中ですから、結果は出つつあります。何より選手が生き生きとプレイしているが良いです。きっと、もっと良くなります。

ちなみに私もみいこさんとほぼ同じ位置の座席から見てましたが、新監督の声が良く聞こえました。なかなかに熱い監督で、私は好きです。
おせちーずさま。
おせちーずさん、コメントありがとうございます。

わざわざのご観戦をありがとうございました!
せっかくのアジアでの戦いなのですから、
もっと多くの人に見てもらいたいですね……
リーグ戦より少なくて、ナビスコ程度の集客だなんて、
もったいなくてもったいなくて。

初めてのACL、初々しいながらも頑張っておりますw
成長の余地がありすぎなので、まだまだこれからです(と、希望をいだきつつw)。
コタツねこさま。
コタツねこさん、コメントありがとうございます。

おお、同じくポポ裏でしたか!(笑)
セルビア語がわかったら楽しいだろうな~とも思いましたが、
言葉がわからなくても、怒っていることはわかりましたw
ポポさん、本当に魅力的な方ですね!
私はどうも監督に惚れてしまうたちのようで、
原さん、城福さんときて、今はすっかりポポさんです
(あれ、大熊さんは……)。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。